絞り込んで単品量販する戦略とは

お客様から見ると、コンビニはどこも同じに感じるかもしれませんが実はどこでも密かな戦略があるものです。ヒットする事も失敗する事もありますが、何もしなければ売り上げは上がりません。シフトチェンジではコンビニ経験が豊富な責任者が所属する派遣会社と複数提携していますので、様々な伝説を耳にします。その中から面白いエピソードをピックアップ致します。お役立ていただければと思います。

その昔、ウォークイン(酒類除く)は扉3枚が標準でした。
アイテム数は120前後だったかと思います。

【絞り込み】【単品量販】という販売戦略があります。アイテムを絞り込んで売れ筋を売りまくる!というやつです。
通常は100アイテム前後に絞り込んで新商品を手前に並べて目立たせる訳ですが、私の場合はさらに、アイテム数を90…いや85アイテムにする目標設定にしてました。

毎週新商品がありますから、アイテムが絞り切れていないとフェイス作りが大変ですね。ウォークインに並ぶ新商品は入荷直後にどれだけスピーディーに陳列出来るかで勝負が決まります!入荷して1日、2日たっても売り場に出せてないなんて事があってはならないですから。

お客様も、新商品は「先ずはお試し」でご購入していただけます。他店より少しでも早く露出することが売り逃しをしない重要ポイントと考えていました。それと、ここまで絞り込んでいると、3フェイス位は余裕で場所取れます。3フェイス並ぶと圧巻です。

もちろん、絞り込むという事は日々の商品改廃は重要。『絞り込み=改廃』商品カットの見極めなのです「お!この商品はウチの店では売れるぞ」と思ったときも85アイテムまで絞り込んであると大胆な〝商品陳列〞が出来ます。棚1全部は当たり前!棚2展開したこともありました。

単品量販大爆!売って売って売れまくる状態。楽しかったですね。しかし…調子に乗っていると痛い目に遭います。お客様は常に新しい何かをコンビニに求めにいらっしゃっています。そう引き際を間違えると大変な事になるのです。私も大失敗して在庫を抱えたことがあります。ピーク販売時が引き際になる事もあります。くれぐれも気を付けてください。

これぞコンビニ運営の醍醐味とでも言いましょうか。
仕入れ作戦、是非チャレンジしてみてください。

シフトチェンジでは、コンビニ経験が豊富な責任者が所属する派遣会社と複数提携しています。人の手配はモチロン、運営管理、情報提供もご相談いただけます。

シフトチェンジにお任せください!

こんなお困りごとはありませんか?

☑人手が不足していて今週のシフトが埋まらない・・・
☑業務を回すのに忙しくて、
 会計や労務管理などの社内整備まで手が回らない・・・
☑備品が破損して修理を依頼したいけど、
 最適な専門業者を探すのが面倒だ・・・